So-net無料ブログ作成
-| 2011年10月 |2011年11月 ブログトップ

ライブのあるお店とアーチスト【弐】 [思ふ時]

【弐】の記事を書き上げた所で、また一軒のライブハウスが店を畳んだとの話が入った。

急遽、書き直しをした。経営の事など全く分からないド素人が思う、ライブのお店についてを考える。

--------------------

ライブをやるお店が潰れて行く背景には何があるのだろう。

交通の便?駅から近い?地の利?動線の範囲内?お店の内容?ライブの内容?

素人なりに色々と考える。

お店としてのメインは飲食だろう。ライブを聴きに来たお客さんに飲食を提供して利益を得る。

しかし、来るお客さんのほとんどはライブ目当て。

ドリンク券のみでライブを聴いて、打ち上げは駅前の居酒屋か家呑み!

1杯数百円の酒は、そうそう呑めるほど余裕は無いのか計算なのか。

特にお酒を呑まない人にとって1杯500円前後のウーロン茶やジュースは、目まいがするだろう。

-------------------------------

お店はあくまで「飲食を売る」に徹したほうが良いのではないか。

チェーン店もどきの居酒屋になりなさいとは言わないが、飲食の傍にステージがある!といった体のお店が良いのではないだろうか。

アーチストはライブを売る!

曲を作り演奏して歌う・・それだけがプロの仕事でもなかろう。

自らお客さんを集めて、ステージを提供してくれるお店に還元する。そこまでがプロと呼べる仕事ではないだろうか。

お金の流れは、お客さん→アーチスト→お店。

ところが私が知っている現状は、お客さん→お店→アーチスト。

ギャラとしてお店がアーチストに払うシステム。

アーチストはお客さんが1人だろうが100人だろうが同じギャラをもらう。

これではライブのお店としては成り立たないのでは?

アーチストの中には、この店は客来ね~な!なんて勘違いしている者もいた様だ。

---------------------

slt.jpg

なぜこの様な流れになっているのか?

その辺の所もいずれ考察してみたい。

つづく

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

ライブのあるお店とアーチスト【壱】 [思ふ時]

バーの一角にステージを置きライブ演奏や歌を聴かせるお店がある。

いわゆるライブバー、ライブカフェ、ライブ喫茶、ライブ居酒屋・・・等と呼ばれる飲食店。

そのお店の経営と、アーチストと呼ばれる出演者の関係に疑問を感じる。

ライブをメインに営業しているお店が現れては潰れて行く昨今。

営業を続けて行くために必要なものとは何だろうか。

DSC08856.JPG

-----------------------------

先ず、自分は飲食店やライブ云々の経営には全く無知な事を告げておく。

そんな人間が、あちらこちらのお店を廻って感じた事を書いてみたいと思う。

-----------------------------


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

TAB譜 [変わる時]

押入れから引っぱり出した松山千春 楽譜全集。

五線譜の♪おたまじゃくし♪で書いたやつ。ここから始まったので未だにタブ譜が苦手。


というより、タブ譜が読めない。単なる苦手意識の食わず嫌いなだけだ。


危ない時はコードを押さえてジャカジャカやれば何とかなるので、あまり困らない。

これがいけない。


元々は音符を正確に見ているのではない。1小節の音符の並びというか形で憶えている。

山あり谷ありで高低を、ここは空いてる混んでるで2分音符だったり3連符だったりを感じてアルペジオを弾く。

それが数字となると、いちいちポジションマークとタブ譜を見ながらの演奏。

1曲暗記する前に挫折してしまう。だからギターソロなど夢のまた夢。

DSC08854.JPG


だが、


先日、この苦手を克服しようと中古で仕入れた楽譜がある。

一つはギター小僧必須の練習曲「Anji」、2つ目は「Voiceless Screaming」

サイモン&ガーファンクルとX(エックス)

どちらも初めてのギターソロに選ぶ曲ではないが・・・

「弾きたいものを弾く」で良いのではないだろうか。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

旅立ち [徒然]

きっかけは友人の娘がギターを始めた。

その親もスイッチが入りドラム復活。そしてバンド結成!

自分もフォークやっていたな~なんて思いながら、気が付けばオークションでアコギを物色していた。

25年ぶりのギター熱。

-------------------------------------------------------

高校1年の春、隣の席の女子が松山千春のLP「起承転結」「こんな夜は」を貸してくれた。

「季節の中で」くらいは知っていたが、その他は全く知らなかった。

「起承転結」A面に針を落とす・・・・キラキラしたアルペジオに引き寄せられた。

何んだ、このギターは。カッコイイ!それがギターを始めたきっかけだった。

その曲は、、、「旅立ち」

------------------------------------------------------

オークションで手に入れたギターは、Ovation

ov1.JPG

当時、千春が使っていたメーカーの安いモデルを入手。

押入れを探したら松山千春楽譜全集が出てきた。

早速弾いてみる。何となく指は憶えているもので、すぐに感覚はつかめた。

まあ、こんなはずでは無い!といった部分はあるが良しとしよう。



こんな感じで25年ぶりのギターライフは、始まり始まり~。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

-|2011年10月 |2011年11月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます