So-net無料ブログ作成

ア・ハードケース・ナイト 1 [ギター放談]

相変わらず久しぶりの更新である。
今回はギターの話では無くハードケースの話。
今回はいくつかあるケースのうちから、
GRECO Brawler BW-600を収納するハードケースの内装工事を。

今では基本、ハードケース派なのだが、昔は持ち運びに軽いソフトケースを使用した。
が、普段は壁に立てかけるだけなのでネックの反りや転倒の危険が付きまとう。
電車移動でも混雑するとギターが押されてしまい、降りたくも無い駅で降りてしまう。
そんな訳でハードケースを愛用するようになった。

今回のグレコ・ブローラー (喧嘩屋)、純正のハードケースがあったかどうかも分からないギターである。
SG用なら入るかな?とネットで探していたら、何用かもわからないレトロなチップボードのケースを見つけた。
DSC01339a.jpg

DSC01342a.jpg
中々良い雰囲気である。
まあ、純正ではないのでギターを入れると当然スカスカ。
チップボードはペコペコ。
そこで内装工事をしてみよう!と思ってしまった。
そう、思ってからの・・しまった!と後悔なのだ。

先ずは型を取って隙間を埋めるブロックを作る。
DSC01321a.jpg
DSC01323a.jpg
DSC01325a.jpg
DSC01329.JPG
大体、こんな感じで。

内装は深い赤にと思い生地を探すもコレと言った色は見つからず。
ユザワヤ、オカダヤ、日暮里繊維街・・・
やはり実際に目で見ないと微妙なトーンはネットではわからないので、直接足を運ぶ。
そんなこんなで生地待ちで数カ月が過ぎ、たまたま入ったユザワヤのワゴンセール品の中にあったハギレにピーンと来た!

それは探していた赤ではない。

茶系のヘリンボーン

この生地を見た瞬間に、あ!ギターの色に合うな。と確信した。

ミシンとボンドを駆使し完成したものがコレ↓
DSC01970a.jpg

所々、んんっ?という所もいっぱいあるが、柄物なので多少はごまかせる^_^;かも

DSC01971a.jpg

DSC01989.JPG

DSC01990.JPG

これはジャケットを作った時のハギレで作った。
DSC01988.JPG
しっかりとタッカー止め
DSC01952a.jpg

しかし・・・この柄で?どんなジャケットだよ!って突っ込みが来ないとは思いますが、
↓こんなん。
a.jpg

閑話休題

ミシンでは上手く縫えない所は型ブロックに置いたまま、カーブ針ですくいながら手縫い。
DSC01946.JPG

ギターをべったり寝かせて置くとヘッド裏がケースに当たってしまうのでボディー裏部分に段差をつけてヘッドの隙間を作った。
レスポールみたいな感じで、中綿はキルト芯。
DSC01973a.jpg

DSC01319a.jpg
DSC01978a.jpg

DSC01979a.jpg

DSC01981a.jpg

まるで純正・・自画自賛。なんつって。
DSC01977a.jpg

さあ、次は何を・・・・・つづく・・・・のか?



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます