So-net無料ブログ作成

13歳と森田公一メロディー・・1 [徒然]

この前ふと懐かしくなり森田公一さんの「ひと駅ごとに」をつま弾いてみた。

私が森田公一メロディーに出会ったのは小学校6年生位だったと思う。

当時流行っていた「青春時代」を、意味も解らず口ずさみながら登下校していた。

中学に進学してから、エアチェックなる物を覚えてラジオから流れる音楽を片っ端から録音していた。

勿論その中には森田公一とトップギャランの曲もあった。


「乳母車」「思い出のピアノ」「ある青春」などの曲に流れる寂しさややるせなさを感じていた。

13歳である・・・そんな経験すらした事の無い13歳が解る訳も無い。

が、今50を目前にしてあの頃感じた感情に共感出来てしまう自分が怖い。


いずれやって来る人生の黄昏を、13歳の少年にも感じさせてしまう森田公一メロディーは凄い。

DSC08707.JPG

自分の中で「ある青春」のイメージはこんな感じ。

この曲は沢田研二さんも歌っていたんですね、

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

旅立ち [徒然]

きっかけは友人の娘がギターを始めた。

その親もスイッチが入りドラム復活。そしてバンド結成!

自分もフォークやっていたな~なんて思いながら、気が付けばオークションでアコギを物色していた。

25年ぶりのギター熱。

-------------------------------------------------------

高校1年の春、隣の席の女子が松山千春のLP「起承転結」「こんな夜は」を貸してくれた。

「季節の中で」くらいは知っていたが、その他は全く知らなかった。

「起承転結」A面に針を落とす・・・・キラキラしたアルペジオに引き寄せられた。

何んだ、このギターは。カッコイイ!それがギターを始めたきっかけだった。

その曲は、、、「旅立ち」

------------------------------------------------------

オークションで手に入れたギターは、Ovation

ov1.JPG

当時、千春が使っていたメーカーの安いモデルを入手。

押入れを探したら松山千春楽譜全集が出てきた。

早速弾いてみる。何となく指は憶えているもので、すぐに感覚はつかめた。

まあ、こんなはずでは無い!といった部分はあるが良しとしよう。



こんな感じで25年ぶりのギターライフは、始まり始まり~。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます